【投資初心者必見】投資とギャンブルの違いがわからない!!投資がギャンブルになる本当の理由

投資とギャンブルについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。

男性

投資ってなんだか複雑そう

女性

投資とギャンブルって似たようなものでしょ?

投資ってお金が一瞬で増えたり減ったりするイメージで世の中に本当に必要あるの?

このような人に書いた記事です

  • 投資はギャンブルだと考えている人
  • 投資が怖いと思っている人
  • 投資の勉強したいと考えている人

この記事を読むことでわかること

  • 投資とギャンブルの違いが理解できます。
  • 将来に堅実な投資手段が理解できます

投資は、企業や商品に付加価値を見出し、お金を投じ将来的にお金を増やすこと。

ギャンブルは、賭けをして楽しむこと

投資とギャンブルの資金投入の違い

株や債券を購入する(投資)•••これから応援したい企業や商品などをお金(資本)を投じる

競馬で馬券を購入する(ギャンブル)•••1着になる馬にお金を(資金)を投じる

投資とギャンブルの保有期間による違い

株や債券を購入する(投資)•••有価証券を持っている期間。株主が売却するか、いつでも決めることができる。

競馬で馬券を買う(ギャンブル)•••レースが終わりから換金するまでの期間

投資とギャンブルの利益による違い

株や債券を購入(投資)•••購入した株の会社が倒産したり、損失が出ると投資したお金は、マイナスから最悪ゼロ話、株価や債券価格が上がると利益はプラスになる

競馬で馬券を買う(ギャンブル)•••予想が的中すると投じたお金がプラスもしくは、外れるとゼロのどちらかになる

目次

投資は、お金を増やすことが前提

投資は、お金を投じることで増えて返ってくることを期待します。投資には、リスクとリターンが存在します。

金融業界でのリターンとは、投じたお金に対して返ってくる差額を指します。

リスクとは、金融相場での振れ幅のことを指します。

一般的な会話で使用されている「リスク」という使い方は、負担や犠牲といったネガティブな表現をしますが、

金融業界でのリスクとは、振れ幅のことを指すため

リスクが高い・・・振れ幅が大きい。プラスとマイナスのサイクルの変化が激しい。

リスクが低い・・・振れ幅が小さい。プラスとマイナスのサイクルの変化が小さい。

時期によってお金を増えことが前提とし投資は存在します。

お金を儲けるために投資の知識は、ある程度必要です。

投資は、将来の時間・お金・生活・知識などに利益をもたらすものだからです。

投資は、長期的に相場や根拠や仮説を立ててから考え、投じた金額以上に返ってくること期待します。

もちろん短期間か長期間で取引するか、何に投資するかによってもでリターンは変わります。

投資でお金を儲けることをしなければ投資の存在意義はありません。

投資とギャンブルはプラスサム•マイナスサム•ゼロサムに分類される

サムとは合計という意味です。

マイナスサムとは、参加者全員の合計がマイナスになることです。

ゼロサムとは、参加者全員の合計がゼロになることです。

プラスサムは、参加者全員の合計がプラスになることです。

ギャンブルは、マイナスサムとゼロサムであり、誰かが得して誰かが損することです。

投資はプラスサムで全員が得します。

ギャンブルとは、楽しむことが前提

ギャンブルは、必ず勝つ人と負ける人がいます。

楽しさを最優先するのであれば、ギャンブルや投機をすればスリルやドキドキ感は味わうことができます。

スリルやドキドキ感で投資信託をしていたら、それは投資ではなく、ギャンブル(投機)をしていることと同じです。

株価のチャートをみて一喜一憂している場合も株式投資のギャンブルをしていると言えます。

ギャンブルをするということは、娯楽を目的としている人です。

ギャンブルについて

すなわち競馬やパチンコや宝くじには主催者(胴元)がいます。

かけたお金の一部は主催者側に入りますから、主催者の利益は確定します。

つまり主催者は取引が成立すると勝ちとなります。

パチンコのオーナーは投資をしており、お客はギャンブルをしている

例)パチンコ店に2人の客がトータル3万円を投じた場合

客Aは、パチンコ店へ2万円を投じ、2万5500円で勝って、客Aは5500円のプラスです。

客Bは、パチンコ店へ1万円を投じ、負けて0円になり、客Bは1万円のマイナスです。

主催者パチンコ店のオーナーになるので、15%の手数料4500円のプラスです。

主催者はお客さんが勝とうが負けようが、お客さんが多く入店して

たくさん入金してくれさえいればお店が儲かる仕組みです。

つまり、客Aと客Bは、ギャンブルをして、お金を儲けたり、損したりしてます。

一方、パチンコ店のオーナーは、パチンコ店を経営してます。

パチンコ店に出資(すなわち投資)してお金を儲けていることになりますね。

【投機】と【投資】の違いについて

投機は、市場の相場などのタイミングで売り買いをします。

投機とは、「投じる機会」=「投じるタイミング」で損得が大きく影響しています。

投機がギャンブルと似ているといわれていますね。

なぜなら、ギャンブルはタイミングで「賭け」をすることもあるからです。

また、投資が投機になることもあります。

すぐに儲けたいという理由で、短期的にお金をつぎ込むと「投資」ではなく「投機」になってしまいます。

短期投資は、厳密には投資ではなく、タイミングで売り買いするので投機になります。。

投資とギャンブルは、本来の目的が違う

【理由①】投資は、投じるお金の目的を明確にし、計画を立ててお金を投じる

投資は、投資をする目的は何か、その目的を達成するためにどのくらいの期間に運用するのかを決めて

資金を投じてお金を増やすことが投資です。

例えば、老後資金に備えることが目的であれば、30代の人であれば、60歳まで約30年あります。

30年かけて毎月、積み立て投資をしていくことが投資です。

またボーナスなど、まとまったお金を一括で投資をしてお金を増やす計画でお金を投じるのであればそれも投資です。

投資は、お金を儲けるために、目的・プランを決めてお金をかけます。

【理由②】ギャンブルは、楽しさを目的にしているため、理論的に計画を立ててお金を儲けることが必須ではない

ギャンブルは、基本的に運の要素で成立する取引です。

競馬やパチンコの儲けたお金で、老後資金に備えようとは、一般的には考えませんよね。

例えば、どの馬が一等になるのか、どの台で回せばフィーバーするのかを、楽しみながら決めます。

これがギャンブルです。

ギャンブルは、ワクワク感やストレス解消を優先して、運の要素でお金をかけます。

ギャンブルではなく、投資をしよう!!

  • 投資をするメリット
  • 貯蓄しているお金増やすことができる
  • お金や経済の知識を身に付けることができる
  • 生き方の選択肢も増える

まとめ

ここでは投資とギャンブルの違いについて解説しました。

投資とギャンブルの違いをまとめると
  • 投資の本質は、お金を儲けるため
  • ギャンブルの本質は、楽しむためにお金をかける
  • 投機は、タイミングで売り買いでお金を儲ける
  • 投資とギャンブルは、そもそも目的が違う
  • ギャンブルではなく、投資を始めよう

この記事を読んで下さった方は、今の生活ももちろん大切ですが、

将来についても真剣に考えているはずです。

だからこそ、将来のために備える大切なお金を失ってほしくありません

投資とギャンブルの本質を理解しておけば、、投資は決して怖いものではありません。

きちんとしたやり方で資産運用を開始すれば、成果の出せる資産形成が可能です。

本質を理解したら、投資商品の銘柄、経済情勢や指標などを知る必要があります。

\資産運用を始めたいけれど、何から学べばよいかわからない人へ/

\少額の積立で大きく資産を築きたい人/

お金の学校が教える【投資信託入門講座】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

地元の工業高校を卒業→18歳で就職→20歳でサラリーマンしながら起業→サラリーマンを辞めて起業も失敗し、借金で精神的に追い込まれる→借金完済のためアルバイトでひたすらに超蓄財節約→アルバイトから正社員へ→サラリーマンと個人ビジネスを再び挑戦

目次
閉じる